人気ブログランキング |

保土ヶ谷耳鼻咽喉科のブログ

jibika55.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 18日

DNA判決

最高裁の判断が示されました。
婚姻中に生まれた子どもは、遺伝学上の父子関係がなくても法律上の親子関係が成立する。という判決ですが、どう評価していいのか悩みます。至極まっとうな判断だと思う反面、今回の訴えのように既に婚姻が破綻し、実の両親と暮らしている場合には、子どもに無用の混乱を与えるような気もします。子どもの不利益にならない限りという条件をつけてもいいと思います。それにしても、離れて暮らす生物学的他人をいつまでも愛し続けられるものでしょうか?これは、生後一緒にいた時間の長さに関係するのか?最も興味のあるところです。

by hodogaya-jibika | 2014-07-18 08:19


<< マレーシア航空      女児不明 >>